介護お得情報 未分類 認知症 認知症 認知症コラム

一番食べることを楽しめる認知症は?

更新日:

認知症の種類によって食行動が違う

認知症になると、食べたことを忘れて、どんどん食べちゃうイメージがあるかもしれません。

そのイメージは、アルツハイマー型認知症からきている可能性が高いです。

認知症の半分くらいがアルツハイマー型認知症ですから、

「食べさせてもらってないとか言って、食べたの忘れて、また食べちゃうのよ~」

そんな話を聞いたことがあるかもしれません。

たぶん、アルツハイマー型認知症の可能性が高い!

いちばん食べることを楽しめる認知症はアルツハイマー

血管性認知症の人だと、麻痺、えん下(飲み込みの)障害があることもあるので、

それに比べたら、アルツハイマー型認知症は食を楽しめる認知症とも言えます。

まぁ、なんてポジティブな(笑)

アルツハイマー型認知症の人は楽観的であることも多い。

そして、食欲が損なわれにくい。

満腹中枢も鈍くなっています。

「お腹いっぱいってさっき、いわんかった?」

介護者はこう言うことが多いかもしれません。

好きなだけ食べたらいい。

ちょっとこっちが気を付けてあげないといけないんじゃない?

色々考えかたがあると思います。

好きなものばかり、すきなだけ食べていると、もってる病気を悪化させてしまう。

子どもの肥満に近いものもありますね。

好きなだけ食べるのもいいですが、

やはり、程度問題かな?

アルツハイマー型認知症の人は、とりつくろったり、言い分けもうまいですから、

食べもののことで介護者と言い合いになりがちですね。

うちもいっつもそんな感じです。

工夫が必要

食べるものを近くに置かないようにする。すぐ下膳せず、長く食べたお皿を置いておくのも1つの方法ですね。

どうしても、認知症の人の健康は介護者にゆだねられますね~‼

ともに食を楽しみながら、いいころあいを見つけることが重要かもしれません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-介護お得情報, 未分類, 認知症, 認知症, 認知症コラム

Copyright© 速水ユウ オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。