生活 認知症予防

Risk reduction of cognitive decline and dementia(WHO) 認知機能低下と認知症のリスク減少の指針(サマリーのイントロ)

投稿日:

エグゼクティブサマリー

イントロダクション

認知症は急速に増加する世界的な公衆衛生上の問題です。世界中で5000万人の人が認知症であり、そのおよそ60パーセントが低所得や中等度の所得の国に住んでいます。

毎年ほぼ1000万人が新しいケースとして加わるような状態です。2030年には、8,200万人に2050年には15,200万人に達すると予測されています。認知症は政府、コミュニティ、家族や個人のコストの増加や経済の生産性の損失につながります。(これは言い過ぎ、失礼)

2015年には認知症についての世界的社会的コストは818億ドルと見込まれ、世界的GDPの1.1%に値する。

重要なことであるが、認知機能低下のリスク要因として年齢がよく知られる一方で、認知症は自然で避けられない加齢の結果というわけではない。

近年の研究で、運動不足、タバコの使用、不健康な食事、アルコールの乱用のようなリスク要因と認知機能障害や認知症との関係が示されている。

高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、肥満やうつのような状態になると、認知症を発症するリスクが増加することと関連している。

他の修正可能な潜在的リスク要因としては、社会的孤立、認知機能が不活発がある。

潜在的な修正可能なリスク要因の存在があるということは認知機能低下や認知症を遅らせるカギとなる介入の実行のような公衆衛生アプローチを通して認知症予防が可能だということを意味している。

2017年5月に、70回目の世界保健総会では、「2017年から2025年の認知症の人への公衆衛生的対応についてのグローバルアクションプラン」が承認された。そのアクションプランは7つの戦略的アクションエリアからなり、認知症のリスク減少はそれらの1つです。

アクションプランはWHO事務局に認知症の潜在的で修正可能なリスク要因を減らすための政策的介入を支援するため、エビデンスの基盤を強め、共有し、広めることを求めている。これには、リスク要因やリスク要因を減らすことの影響についての普及について利用できるエビデンスのデータを提供することやエビデンスに基づいた認知症のリスクを減らすための多方面のセクターの介入を形作り、実行することを支援することが含まれます。

認知機能低下や認知症のためのリスク減少ガイドラインは認知症への公衆衛生的対応のためのエビデンスを基盤としたガイドラインを提供するWHOの指令に同調させて作られている。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-生活, 認知症予防

Copyright© 速水ユウ オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。