介護お得情報 楽々介護 認知症 認知症コラム

認知症の種別によって性格が違う?(血管性認知症)

更新日:

どちらかというと悲観的!

アルツハイマー病が楽観的に見えるのに対し、血管性認知症では、悲観的な印象を人にあたえやすいと言われます。

認知機能の低下を自覚!

認知機能の低下について、自覚しており、アルツハイマー病のように取り繕ったり、言い逃れしようとしたりすることが少ないと言われます。

まだらぼけ?

見当識(今がいつかここがどこであるか等)も比較的失われにくいため、「まだらぼけ」等と表されることもあります。認知機能の低下を自覚しており、悲観的な雰囲気なため、接し方が難しいと感じることもあるかもしれません。

感情失禁も起こりやすい!

アルツハイマー病でも感情失禁は起こることがありますが、血管性認知症のほうが、感情失禁がアルツハイマー病より起こりやすいとわかっています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【2020年8月29日発売】認知証の人がその人らしく生きる介護術 認知症介護ラプソディ2

-介護お得情報, 楽々介護, 認知症, 認知症コラム

Copyright© 速水ユウ オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。